ケアセンターいこい/住宅型有料老人ホームいこいの丘バイトヘルパー求人【社会福祉士福祉施設介護士求人】

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

☆介護福祉士取得者の求人多数。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数


ケアセンターいこい/住宅型有料老人ホームいこいの丘では介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



ケアセンターいこい/住宅型有料老人ホームいこいの丘の概要

郵便番号 〒029-0131
住所 岩手県一関市狐禅寺字大平131-2
電話番号
施設形態 有料老人ホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

ケアセンターいこい/住宅型有料老人ホームいこいの丘の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



社会福祉士福祉施設介護士求人

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

☆介護福祉士取得者の求人多数。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



こんなお悩みは心配いりません!

就職や転職には、不安やお悩みがつきものですよね。
自分一人ではなかなか解決できないことでも、千人のアドバイザーの力を借りることですんなり解決できることもたくさんあります。

たとえば、こんなケースも大丈夫!!

◆条件って言いづらいけど、妥協したくない!

・前職より高い時給で働きたい
・遅番のない職場で働きたい
・同世代の職員が多いところで働きたい
・車通勤OKのところがいい
・土日はしっかり休みたい
・前職の経験を考慮してほしい
・給与の日払いをしてくれると助かる
・週払いでもいい

この他にも、自分が働く上での必要な事もしっかりと確認しておくようにしましょう。

求人の詳細などを見ても簡単な説明しか掲載されていないため、いざ応募してみると「求人内容と違っていた」という事も少なくありません。

そのような事態を防ぐには事前の情報収集が大切ですね。そのためには介護職専門のサイトなどに登録するという方法もあります。

介護職専門の求人サイトなら介護の転職サポートに精通しているので、求人紹介施設の種類も豊富にあり、専任のコンサルタントが求人紹介や面接の調節などサポートしてくれますので、それはメリットといえます



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 意地悪な先輩にいやがらせされていた
  • 土日も仕事で家族とすれ違い生活になってしまった
  • スキルアップできる職場ではなかった
  • 給与が安すぎた

転職の理由が「夜勤専従で働きたい」「パート求人を探している」「資格を活かせる職場で働きたい」「交通費が支給される会社に就職したい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「社会福祉士福祉施設介護士求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●退職金制度がある施設で働きたい。

●生活相談員の仕事を探している。

●家事代行スタッフとして働きたい。

●運転免許を活かして送迎ドライバーの仕事がしたい。

●介護スタッフの仕事がしたい。

●冬期休暇が有る施設に勤めたい。

●マイカー通勤で交通も便利なところを探している。

●障害者施設に勤めたい。

●介護付有料老人ホームで働きたい。

●デイサービスの求人を探している。

という希望なら

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

☆介護福祉士取得者の求人多数。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

コチラがおすすめです!



介護・福祉のお仕事内容

ホームヘルパー、施設介護職、ケアマネジャー、生活相談員など、介護・福祉に関する職種はさまざまあります。職種によって仕事内容が異なりますが、意外と曖昧な理解のまま過ごしてしまっていることも多いようです。
それぞれ職種によって必要な資格も異なりますので、介護・福祉の主な職種をご紹介します。

介護職・ホームヘルパー(介護士、介護スタッフ、ホームヘルパー、サービス提供責任者)

介護職・ホームヘルパーの仕事内容は、お年寄りや身体が不自由な方の身のまわりのお手伝いや、日常生活のサポートがメインとなります。具体的には、掃除、洗濯、食事、入浴、排泄、移動など、生活全般の援助をしています。

活躍の場は、在宅介護されている方の自宅、老人ホーム、ケアハウス、デイサービス施設などさまざまです。

直接身体に触れる介護(身体介護)をする際には、ホームヘルパー2級以上、もしくは介護職員初任者研修 修了以上の資格が必要となります。

老人ホームやデイサービスなどでは、無資格でも働ける場合があります。無資格で可能な仕事をしてもらいながら、介護職の資格を取得してもらい、取得次第、仕事の範囲を広げるというやり方をしている施設であれば、無資格での就職・転職も十分可能です。

学歴や過去の職歴よりも、仕事に対する知識と技術、前向きな姿勢、意欲、責任感、人間性などが重要視され、ご自身の心身の健康体調管理、体力維持も必要となる職業です。

※「ホームヘルパー2級」は2013年3月末でなくなり、代わりに新たに「介護職員初任者研修」という制度が導入されました。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャーは、正式には「介護支援専門員」といいます。

専門的な立場から、「ケアを受ける側」と「ケアを提供する事業者」の間に立ち、個々のケースを理解しつつ諸事情を検討した上で、ケアプランの作成を行います。

事業者によるサービスが適切に提供されているかなども定期的に検証し、必要に応じて見直しを行うなど、いわば介護のコーディネーター的な役割です。

専門知識の他に、簡単な文章や表が作れるようなパソコンのスキル、さらにはご自宅や施設などを訪問する機会が多いので運転免許があれば望ましいです。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取得するためには、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、医師、保健師、看護師、作業・理学療法士等の業務従事者、もしくは介護業務従事者として指定日数従事した人が介護保険、保健医療、福祉分野の受講試験に合格して実務研修終了した後に、都道府県から資格登録されてはじめてなることができます。

生活相談員・営業関係職

介護業界での営業関係職は、介護事業、施設運営、事業所などを側面からバックアップ、サポートする役割を担っています。営業の具体的な仕事内容には、入居者の獲得はもちろん、内外の情報収集、顧客情報の管理などをベースに今後の展開と目標を組織的、計画的に実施していく業務などがあります。

また、介護事業の中で社会福祉主事、社会福祉士のどちらかを取得している者は生活相談員になることができます。生活相談員は、援助相談員とも呼ばれており、利用者とその家族との面談や面接、連動する機関との連絡や調整、入居者、利用者の生活面でのお手伝いまでその仕事は広範囲に及びます。




無資格でも大丈夫!介護施設の求人を見つける方法

数多くのホームヘルパーの求人や介護施設の情報を見つけるためにはインターネットの利用が便利です。

介護関連の就職情報を扱うポータルサイトではホームヘルパーの求人を給与、働き方、エリアなどで絞り込みをかけて検索することもでき、介護施設の設備情報やサービス内容を一覧することが出来たり、都道府県別の仕事情報を効率的に集めることが可能となっています。

求人ページから簡単に就職採用面接のためのエントリーができたり、問い合わせを行う事の出来るメールフォームが完備されていることもありますので有効に利用して仕事へと繋げることも可能です。

介護等の資格がある場合には採用に有利になりますので持っている資格として応募時に忘れずに入力することが大切です。

介護職は社会的ニーズが高く、無資格OKの施設や中高年などシニア層でも働くことができる場所もあるため、働きながら介護の資格を取りたい方やベテランの方もこうしたサービスを利用して職場を見つけることが可能です。




介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?




岩手県における福祉・介護人材の確保育成について

介護の背景と課題

福祉を取り巻く社会情勢の変化
少子・高齢社会の進展等により、岩手県民の福祉サービスに対する需要の増大・多様化が見込まれ、福祉人材の確保と福祉・介護サービス従事者の資質向上が求められている。
また、行政においては、多様なニーズを背景とする社会福祉制度の改正への対応や、複雑化・高度化する相談援助業務への対応が求められている。

岩手県における福祉・介護人材の確保育成に関する現状・課題
1.社会福祉施設等においては、施設サービスや在宅サービスの拡大によるサービス量が増加傾向にあるのに対し、充実したサービスを提供するための新規の人材確保が困難な状況になっている。
また、従事者の定着や離職防止を図るための職場環境の改善等が求められている。
2.人材の定着及び資質向上を図るため、職員一人ひとりがキャリアアップを通じた自己実現が可能となる「やりがいのある職場づくり」に取り組む必要がある。
3.岩手県は、研修等訓練を通じて、福祉行政に携わる職員の資質向上を図ることが社会福祉法に義務付けられており、多様化・複雑化する福祉ニーズに対応できるよう、より充実した研修を行う必要がある。



国を挙げてバックアップ

高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。



就職・転職コラム

注目されている企業等のうち、数千人もの希望者がいるような企業では、人員上の限界もあるので、選考の第一段階として大学だけで、よりわけることはやっているようなのであきらめよう。
無関心になったといった姿勢ではなく、なんとか自分を評価してくれて、内約までしてくれた会社には、真情のこもった態勢を心に刻みましょう。
新卒でない人は、「採用OKが出そうで、職務経験も得られそうな会社」なら、どうあっても入社するのです。零細企業だろうとなんだろうと問題ありません。職務上の「経験」と「履歴」を蓄えられればよい結果をもたらすでしょう。
第二新卒って何のこと?「新卒で就職したけれど約3年以内に離職した若年者」を示す言葉です。今日この頃は早期に離職してしまう新卒者が増加傾向にあることから、このような新しい名称が誕生したと聞きました。
転職活動が学卒などの就職活動と全然違うのは、「職務経歴書」だそうです。経験してきた職場でのポストや職務内容を読むだけで簡単に、ポイントを押さえて記載するようにしないといけません。

人材紹介をする企業の会社や派遣会社では、クライアント企業に紹介した人が予定より早く退職するなどマッチングに失敗してしまうと、自社の評判が低くなる。だから企業のメリットやデメリットをどちらも正直に聞けるのである。
基本的に、人材紹介会社など民間の職業紹介サービスは狙いとして就職していて転職を望んでいる人に使ってもらうところなのである。だから実際の経験が最低でも2~3年程度はないと対象にすらしてくれません。
就職しても採用してくれた企業のことを「当初の印象と違った」「やりたい仕事じゃない」、「こんなところ辞めたい」そんなふうにまで考えてしまう人など、腐るほどいるのです。
たとえ社会人になっていても、正しい日本語や敬語を話せる人は滅多に見かけません。というわけで、社会人ということで恥で終わるところが、面接時には致命的な悪印象をもたれるような場合がほとんど。
面接選考で、どの部分がいけなかったのか、ということを話してくれる懇切な企業はまずないので、応募者が自分で改良するべき部分を検討するのは、難しいことです。

面接選考で留意してもらいたいのは、自分自身の印象なのです。少しの時間の面接だけで、あなたの一部しか理解できない。つまり、採否は面接の時に受けたあなたの印象に影響されるものなのです。
今の段階で、本格的に就職活動をしている企業自体が、本来の望んでいた企業ではないために、志望動機というものが明確にできない不安を訴える人が、今の期間には増加してきています。
第一志望の会社からじゃないからということだけで、内々定の企業への意思確認で悩む必要はありません。すべての就活を終了してから、内々定をつかんだ中からいずれかに決定すればいいのです。
ある日唐突に人気の一流企業から「あなたを採用したいと思っています」という可能性は、荒唐無稽でしょう。内定をどっさり出されている人は、それだけいっぱい就職試験で不合格にもされているのです。
結論から言うと、職業安定所といった所の就業紹介で仕事を決めるのと、一般の人材紹介会社で入社を決めるのと、いずれも兼ね合いをみながら進めるのが無難だと思われるのです。