特別養護老人ホームやすらぎ荘ヘルパー求人正社員【社会福祉士福祉施設介護士求人】

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆ハローワークの求人も検索できます!

☆作業療法士取得者の求人多数。


特別養護老人ホームやすらぎ荘では介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



特別養護老人ホームやすらぎ荘の概要

郵便番号 〒029-0302
住所 岩手県一関市東山町長坂字南山谷12
電話番号 0191-47-2395
施設形態 特別養護老人ホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

特別養護老人ホームやすらぎ荘の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



社会福祉士福祉施設介護士求人

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆ハローワークの求人も検索できます!

☆作業療法士取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護施設転職情報の詳細はコチラ

介護サービスへの転職は、間違いなく売り手市場です!

条件のいい高待遇の介護士転職求人は、非公開求人となっていることがほとんどです。

カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報を随時案内してくれる「転職サポート」は、介護士の3人に1人が登録済という人気転職サイトです。

介護施設への転職については、1施設ごとの求人数が多いわけではありませんから、募集のタイミングでうまく情報をキャッチすることが希望の介護施設への転職には欠かせません。

介護施設への転職を希望されているのであれば、まず「転職サポートサイト」に登録して、転職に有利になる様々な情報を入手しておいてくださいね。

介護施設転職情報の詳細はコチラ

職種によって仕事の内容が異なるのはもちろんですが、どのような施設で働くかによっても業務は違ってきます。主な施設の種類は以下になります。

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)
・老健(介護老人保健施設)
・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)
・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)
・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)
・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)
・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)
・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)
・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)
・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)
・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)
・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

介護施設転職情報をこまめにチェックして、希望の転職を実現していきましょう!



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 休憩時間も取れないほど忙しかった
  • 転職の面接時の説明と労働条件が違っていた
  • 駅から遠く通勤が不便だった
  • 休みがもらえず子供の学校行事に参加できなくて可哀想だった

転職の理由が「ボーナスが出る施設で働きたい」「昇給のある会社に転職したい」「紹介予定派遣で働きたい」「高時給の施設で働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「社会福祉士福祉施設介護士求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●ホームヘルパーの仕事がしたい。

●労災保険のある介護施設で仕事がしたい。

●通所リハビリで働きたい。

●パートで働ける介護施設を探している。

●社内キャリアアップ制度がある施設で働きたい。

●在宅しか経験がないけど施設で働きたい!

●家事代行スタッフとして働きたい。

●運転免許を活かして送迎ドライバーの仕事がしたい。

●土日が休みの介護の仕事がしたい。

●キャリアアップ手当の支給がある施設が希望。

という希望なら

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆ハローワークの求人も検索できます!

☆作業療法士取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



ケアマネージャー(介護支援専門員)の職場とは?

ケアマネージャー(介護支援専門員)のお仕事は、介護・福祉業界で活躍できて、やり甲斐のあるお仕事です。

介護保険法によって介護が必要になった方に、介護サービスプランを作成し、適したサービスを受けられるよう取りまとめるのがケアマネージャー(介護支援専門員)であり、職に就くには実務経験を経た上で都道府県の実施する試験に合格する必要があります。

実際にどのような職場で働くことができるのか、確認しておきましょう。あなたのお住いの近く以外にも、今まであなたの選択肢になかった職場を見つけられるかもしれません。




介護の転職・就職を全力でサポートします。

一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

  • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
  • ご主人の扶養内でお仕事したい。
  • 子供が小さいので5時までがいい。
  • 保育園や家から近い方がいい。

など様々だと思います。

【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

  • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
  • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
  • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
  • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。
  • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
  • お給料がいいこと。
  • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。

希望条件・意欲を叶えるパート求人、必ず見つかります。




転職支援サイトでの就職・転職成功者の声

ケアマネージャー 千葉県 (50代前半 女性)

初めての転職活動で少し不安でした。登録させていただいた一番の理由は、面接に同行していただける点でした。事前に、面接でどのようなことを重視して話をしたらよいかのアドバイスもあり、もちろん会社の情報も前もってインプットしていただき、安心して面接に臨むことができました。ありがとうございました。

【担当エージェントについて】
担当のエージェントさんには本当にお世話になりました。
一番はじめのお電話で私の気持ちをくみ取ってくださり、
なおかつ自分自身でもよくわかっていない私の適性を判断され、私に合う環境のところをご紹介して下さいました。

面接で緊張してうまく話せない私に代わって、聞きたいことをお話しして下さって、本当に感謝でした。
いつも絶妙なタイミングでお電話をくださり、私の気持ちを聞いてくださいました。
何もかも安心しておまかせすることができたのは、担当者さんのお人柄とふところの大きさのおかげさまだと思います。

就職してからも少しでも不安なことがあれば、相談できる人がいらっしゃるということは本当に心強く安心です。
どうかこれからもよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。

ヘルパー 栃木県 (20代 女性)

他社を使った事がないので比較はできませんがサービス面では特に不満等はありませんでした。

【担当エージェントについて】
私からのしつこい質問攻撃にも毎回丁寧に答えて下さってとても感謝しています。
紹介頂いた職場もきちんと私の希望が反映されてて実際に働きに行くのが楽しみでもあります。
希望の地域が地域なので求人を探すのも大変だったと思います。

働きながらの転職活動は思ったよりも大変でしたがサポートがあったからこそ、いくつものやまを越えることができました。
本当にありがとうございました。
もうしばらく私からのメール攻撃にお付き合い頂くことになるでしょうがよろしくお願いしますね(笑)

ケアワーカー 東京都 (50代 男性)

今回、初めて人材紹介サービスを利用しました。
あまり期待しないで、インターネットから登録したのですが素早い連絡と希望に沿った案件の紹介に驚きました。
自分では短時間で幅広く探せませんし、希望の年収などもこちらからはなかなか言い出せないものなので助かりました。

【担当エージェントについて】
介護業界という事もあるのでしょうが、一度もお会いしないでいきなり面接同行という方法はかなりびっくりしました。
大変なお仕事ですね。
担当者さんは落ち着いていて、感じの良い方だったので安心しました。




岩手県における福祉・介護人材の確保育成について

介護の背景と課題

福祉を取り巻く社会情勢の変化
少子・高齢社会の進展等により、岩手県民の福祉サービスに対する需要の増大・多様化が見込まれ、福祉人材の確保と福祉・介護サービス従事者の資質向上が求められている。
また、行政においては、多様なニーズを背景とする社会福祉制度の改正への対応や、複雑化・高度化する相談援助業務への対応が求められている。

岩手県における福祉・介護人材の確保育成に関する現状・課題
1.社会福祉施設等においては、施設サービスや在宅サービスの拡大によるサービス量が増加傾向にあるのに対し、充実したサービスを提供するための新規の人材確保が困難な状況になっている。
また、従事者の定着や離職防止を図るための職場環境の改善等が求められている。
2.人材の定着及び資質向上を図るため、職員一人ひとりがキャリアアップを通じた自己実現が可能となる「やりがいのある職場づくり」に取り組む必要がある。
3.岩手県は、研修等訓練を通じて、福祉行政に携わる職員の資質向上を図ることが社会福祉法に義務付けられており、多様化・複雑化する福祉ニーズに対応できるよう、より充実した研修を行う必要がある。



国を挙げてバックアップ

高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。



就職・転職コラム

上司の命じたことに従いたくないのですぐに退職。ひとことで言えば、ご覧の通りの考え方を持つ人に直面して、人事担当者は用心を感じるのです。
第二新卒っていったいどういう意味なのでしょうか?「新卒者として一度は就職したものの短期間(3年以内)に離職した若者」を言います。今日びは早期に退職してしまう者が目に余るようになってきたので、このような呼び名が誕生したと思われます。
公表された数字では就職内定率が悪化し過去最悪になったが、でも確実に採用内定を受け取っているという人がいるのだ。それでは内定してもらえる人ともらえない人の大きな違いはいったい何なのか。
面接と言われているものには正しい答えがありませんので、どの部分が良くてどの部分が悪かったのかという合否を判断する基準はそれぞれの企業で、それどころか同じ会社でも面接官次第で全く変わるのが今の姿です。
役に立つ実際に働いた経験を十分に積んでいるのでしたら、人材紹介会社等も利用価値はとてもあるのです。どうしてかといえば人材紹介会社を利用して社員を募集している場合は、確実に経験豊富な人材を希望しているのです。

かろうじて準備のフェーズから面接の段階まで、長い段階を登って内定してもらうまで到達したというのに、内々定が出た後の対応策を間違ったのではせっかくの努力が無になってしまいます。
「筆記用具を必ず所持すること。」と記載されていれば、記述式のテストの予想がされますし、最近よくあるのは「懇談会」とあるならば、小集団に分かれてのディスカッションがなされる確率があります。
どうしても日本企業でいわゆる体育会系の人が望まれる理由は、言葉遣いがしっかりしているからだと言えます。体育会系といわれる部活では、先輩後輩の関係が固く守られており、無理をしていなくても体得することになります。
仕事の何かについて話す席で、観念的に「それについて何を思っているか」ということにとどまらず、他に現実的な例を加えて告げるようにしたらよいと思われます。
転職を思い立つ時には、「今のところよりもだいぶ給料が高い会社がどこかにある」なんて、まず間違いなくみんな揃って考えることがあるだろう。

著名企業のなかでも、千人単位の応募者がいる企業では、選考に使える人員の限界もあったりして、全てではないけれど大学だけで、面接へ呼ぶかどうかを決めることなどはやっぱりあるのである。
アルバイト・派遣を通して生み出した「職歴」を引き連れて、あちこちの企業に面接を何度も受けに行ってみよう。要は、就職もきっかけの要因が強いので、面接を豊富に受けてみるだけです。
諸君の身近には「自分の好きなことが一目瞭然の」人はいるのではないでしょうか。そんなタイプの人ほど、企業が見た場合に「メリット」が明瞭な型といえます。
往々にして面接の進言として、「自分の言葉で話すように。」という事を聞くことがあります。それなのに、自分の本当の言葉で語るということの意図がつかめないのです。
いわゆる「超氷河期」と一番最初に呼ばれた時の若者たちは、世間で報じられている事や社会の風潮に受け身でいるうちに「仕事があるだけでもうけものだ」なんて、就職口をあまり考えず決定してしまった。