つぼ内科おなかクリニック介護パート【残業なしの福祉施設介護士求人】

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆賞与年2回で交通費も全額支給の求人多数あります。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆介護支援専門員取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。


つぼ内科おなかクリニックでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



つぼ内科おなかクリニックの概要

郵便番号 〒154-0022
住所 東京都世田谷区梅丘2丁目23-30
電話番号 03-3425-0587
施設形態 病院
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

つぼ内科おなかクリニックの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



残業なしの福祉施設介護士求人

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆賞与年2回で交通費も全額支給の求人多数あります。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆介護支援専門員取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



求人情報からは介護施設の雰囲気までは分からない!

残念ながら、あたながどれだけ意欲を持っていても、法人や施設・事業所の理念や運営の在り方に不満があれば、働き甲斐は感じられません。あなたの能力も発揮しにくくなります。

ハローワークの求人情報から、どれだけの内容が分かるでしょうか。
あなたの希望条件が、スタッフの人柄、施設の雰囲気、施設長がスタッフをどれだけ大事にしているか、などなら、求人情報から読み取ることができません。
唯一、面接をするときのわずかな時間でのみ、わずかな情報を入手できます。
ですが、面接の前に知っておきたいですよね。

今は求人情報は、アルバイトサイトや転職サイトにたくさん掲載されています。そこで自分で検索しても、やはり施設の雰囲気を読み取るのは難しいです。
そんな時は、介護業界で長年転職やパート・アルバイトのサポートをしている、パート勤務のプロに相談してみるのが一番早く、適切な情報が入ってきます。また、求人情報だけでなく、面接の指導や、就職後のフォローまでしてくれます。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 給与が安すぎた
  • 資格を持っているのに活かせる仕事がなかった
  • 上司が意地悪な人で信用出来ない
  • 休日が少なすぎて体調を崩してしまった

転職の理由が「契約社員として働きたい」「オープニングスタッフとして立ち上げから参加したい」「自宅近くの施設で働きたい」「昇給のある会社に転職したい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「残業なしの福祉施設介護士求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●ケアマネージャーの資格を活かしたい。

●高齢者向け住宅で働きたい。

●在宅しか経験がないけど施設で働きたい!

●いじわるな上司がいて仕事への意欲が湧かない。

●年収350万円~の介護施設を探している。

●皆勤手当てがある職場を探している。

●医療事務の仕事に付きたい。

●管理栄養士の仕事を施設でしたい。

●夜勤がない介護施設を探している。

●年間休日100日の介護施設で働きたい。

という希望なら

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆賞与年2回で交通費も全額支給の求人多数あります。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆介護支援専門員取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

コチラがおすすめです!



ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは、正式名称を介護支援専門員と言い、都道府県が行う介護支援専門員試験に合格した者のことを言います。

介護支援専門委員の受験資格は、医療系の国家試験を持ち、実務経験を5年以上有する者に与えられます。

または、ヘルパー2級などの資格を持ち、5年以上介護関係の実務に従事した者、あるいは、介護の実務を10年以上行った者に与えられるものです。

いずれも毎年10月に都道府県が実施する試験を受け、合格した者のみが介護支援専門員となります。

この資格を取得しますと、ケアマネージャーの求人に応募することができ、ケアマネージャーの求人によって採用されると、仕事の開始となります。

主な仕事先は、グループハウス、老人福祉施設、介護施設などです。

仕事内容は、介護を必要とする人のために、ケアプランを作ることです。

介護を必要とする人はヘルパーの支援やマッサージ、理学療法などを受けることができます。

受けることのできる支援を上手に組み合わせたプランを作ることが仕事です。




介護の転職・就職を全力でサポートします。

一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

  • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
  • ご主人の扶養内でお仕事したい。
  • 子供が小さいので5時までがいい。
  • 保育園や家から近い方がいい。

など様々だと思います。

【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

  • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
  • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
  • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
  • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。
  • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
  • お給料がいいこと。
  • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。

希望条件・意欲を叶えるパート求人、必ず見つかります。




介護施設の種類と特徴

介護施設の種類と特徴

デイサービス
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

グループホーム
認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

有料老人ホーム
主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

ショートステイ
短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

サービス付き高齢者向け住宅
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

老人保健施設
入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

小規模多機能施設
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

訪問介護
自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

訪問入浴
ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

ケアハウス
助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。




介護人材等の確保・育成・定着を支援します。

都内で必要とされる介護人材等の安定した確保・育成・定着に向け、介護の仕事に関する普及啓発、事業者の採用支援、キャリアパスの導入支援、宿舎借り上げ支援、職場改善など、総合的な取組を行います。

主な事業展開

介護人材確保対策事業

・職場体験事業
介護業務を経験したことのない者を対象として、職場体験の機会を提供します。
・介護職員初任者研修資格取得支援事業
介護業界への就労を希望し、職場体験事業を経た者を対象として、介護職員初任者研修の資格取得を支援します。
・トライアル雇用事業
介護業務への就労を希望する無資格者を対象として、介護施設等での雇用先確保と資格取得支援を合わせて行います。

潜在的介護職員活用推進事業

・紹介予定派遣を活用し、雇用のミスマッチの解消と派遣期間中の継続的な支援により、潜在的有資格者の就業の促進と介護人材の安定的な確保を図ります。

東京都介護職員キャリアパス導入促進事業

・国の「介護キャリア段位制度」を活用し、職責に応じた処遇を実現するキャリアパスの導入に取り組む事業者を支援し、介護人材の定着・育成等を図ります。

現任介護職員資格取得支援事業

・現任介護職員の育成及びサービスの質の向上を図るため、介護施設・事業所で働く介護職員の介護福祉士国家資格取得を支援します。

介護職員スキルアップ研修事業

・介護職員を対象に、医療的知識や高齢者特有の身体的特徴、緊急時の対応などの研修を実施し、安全で適切な介護サービスの提供を促進します。

代替職員の確保による現任介護職員等の研修支援事業

・介護保険事業所等が、介護職員等に研修を受講させる場合、代替職員を派遣し、介護職員等の資質の向上を図ります。

介護職員等によるたんの吸引等のための研修事業

・特別養護老人ホーム等の施設や在宅において、適切にたんの吸引等の医療的ケアを行うことができる介護職員等を養成するため、研修を実施するとともに、事業者及び従事者の登録、登録研修機関への初度経費補助等を行います。

東京都介護職員宿舎借り上げ支援事業

・住宅費負担を軽減し良好な居住環境の提供による働きやすい職場環境を実現するとともに、施設による防災の取組を計画的に進め、地域の災害福祉拠点として災害時の迅速な対応を推進するため、介護職員宿舎の借り上げを行う事業者を支援します。

訪問看護人材確保育成事業

・訪問看護サービスの安定的な供給を図るため、地域における新任訪問看護師の育成や認定訪問看護師資格取得支援等を実施し、訪問看護人材の確保・育成・定着を図ります。

新任訪問看護師就労応援事業

・質の高い訪問看護師の確保を図るため、訪問看護未経験の看護職が不安なく訪問看護分野への就労を選択できる環境を整える事業者を支援します。

訪問看護師勤務環境向上事業

・中小規模の訪問看護ステーションに勤務する看護職の勤務環境向上の一環として、訪問看護師が研修受講する場合に必要な代替職員を確保する経費の一部を補助します。

訪問看護師定着推進事業

・訪問看護ステーションの看護職の定着を図るため、訪問看護師が産休・育休・介休を取得する場合に必要な代替職員を確保する経費の一部を補助します。

訪問看護ステーション事務職員雇用支援事業

・職員の事務負担を軽減し、専門業務に注力できる環境を整備するため、事務職員を新たに配置する訪問看護ステーションを支援します。



国を挙げてバックアップ

高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。



就職・転職コラム

まさに知らない電話番号や非通知設定の電話から電話が来ると、神経質になる心持ちは共感できますが、なんとか抑えて、まず始めに自ら名前を告げたいものです。
仕事に就きながら転職活動を行う際は、近辺の人に相談することそのものがやりにくいものです。一般的な就職活動に比較してみれば、話を持ちかけられる相手は割合に範囲が狭くなる事でしょう。
ひとまず外資の会社で就業していたことのある人の大部分は、以前同様外資のキャリアを持続する雰囲気があります。結局外資から日本企業を選ぶ人は、希少だということです。
たとえ成長企業と言ったって、確かにずっと安全ということなんかないのです。だからその部分についてはしっかり研究するべき。
もう無関係だからといった視点ではなく、やっとこさあなたを受け入れて、内約まで決まった企業に向かって、誠実な対応姿勢を努力しましょう。

売り言葉につい買い言葉ということで、「こんなところもう願い下げだ!」みたいな感じで、性急に退職を決めてしまう人も見受けられますが、景気が非常に悪い今、感情的な退職はとんでもない結果に結びつきます。
一般的に自己分析が重要な課題だと言う人の主張は、自分と息の合う職業というものを探す上で、自分自身の得意とする所、興味を持っていること、得意技を知覚することだ。
何かにつけ面接の時のアドバイスとして、「心から自分の言葉で話してごらんなさい。」という表現方法を耳にすることがあります。それにも関わらず、その人自身の言葉で話しをするということのニュアンスが納得できないのです。
どうにか手配の段階から面接の場面まで、長い段階を登って内定が取れるまで行きついたのに、内々定が取れた後の態度を誤ってしまってはせっかくの努力が無になってしまいます。
即時に、中途の社員を雇いたいと計画中の企業は、内定が決定してから相手が返事をするまでのスパンを、短い間に制限しているのが多いものです。

直近の仕事の同業の者で「父親の口添えでSEを捨てて、この業界に転職してきた。」という経歴を持つ人がおりまして、その人に言わせるとシステムエンジニアとして働いていた時のほうが全く比べものにならないくらい楽であるそうだ。
「率直に本音を言うと、転職を決定した一番大きな理由は収入のためです。」こういった場合も聞きます。ある会社(外資系IT企業)の営業をやっていた30代男性社員の実話です。
企業選定の見解としては2つあり、方やその企業のどのような所にそそられるのか、もう一方では、自分はどんな職業について、どんな励みを身につけたいと覚えたのかという点です。
いわゆる職安の求人紹介をされた人間が、該当の会社に入社が決まると、年齢などの構成要素により、該当企業より職安に向けて求職の仲介料が必要だそうです。
長い間企業への応募を休憩することについては、覚悟しなければならないことがあるのです。今現在は募集をしている会社も求人が終わってしまうことだってあると考えられるということです。