グランダ成城の杜ベネッセスタイルケア立川介護求人【社会福祉士福祉施設介護士求人】

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。

☆介護事務の求人多数。

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。


グランダ成城の杜ベネッセスタイルケアでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



グランダ成城の杜ベネッセスタイルケアの概要

郵便番号 〒157-0066
住所 東京都世田谷区成城9丁目1-10
電話番号 0120-171165
施設形態 有料老人ホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

グランダ成城の杜ベネッセスタイルケアの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



社会福祉士福祉施設介護士求人

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。

☆介護事務の求人多数。

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護士の転職求人情報が満載!

介護サービスへの転職は、間違いなく売り手市場です!

条件のいい高待遇の介護士転職求人は、非公開求人となっていることがほとんどです。

カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報をご案内中!

    以下にあてはまるなら、希望条件での転職をしてみませんか?

  • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
  • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
  • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
  • 人間関係の良好な職場で働きたい。
  • 通勤時間の短い職場に転職したい。
  • 車通勤OKの職場がいい。

職種によって仕事の内容が異なるのはもちろんですが、どのような施設で働くかによっても業務は違ってきます。主な施設の種類は以下になります。

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)

・老健(介護老人保健施設)

・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)

・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)

・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)

・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)

・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)

・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)

・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)

・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)

・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)

・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 年収が低いのに耐えられなくなった
  • 残業が多くて体力の限界だった
  • 退職補充がなく仕事が増えすぎた
  • 忙しすぎて精神的にきつくなってきた

転職の理由が「昇給のある会社に転職したい」「紹介予定派遣で働きたい」「経験を活かせる施設で働きたい」「手当のしっかりした会社に転職したい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「社会福祉士福祉施設介護士求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●いじわるな上司がいて仕事への意欲が湧かない。

●冬期休暇が有る施設に勤めたい。

●訪問介護の求人を探している。

●正社員の求人を探している。

●小さい子供がいるので日勤のみを希望。

●介護職員として働きたい。

●介護付有料老人ホームで働きたい。

●未経験だけど介護の仕事がしたい。

●希望休が出せる介護施設に勤めたい。

●介護事務の仕事を探している。

という希望なら

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。

☆介護事務の求人多数。

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

コチラがおすすめです!



他では見られない案件

ケアマネージャー求人は、ハローワークの求人情報でも探すことが出来ますが手間や時間などがかかります。

特に、仕事をしていると時間が取りにくく、求人情報を見つけるのも難しいです。

そこで、活用したいのがハローワーク以外でケアマネージャーの求人を専門に扱っている人材紹介サイトです。

人材紹介サイトでは、スムーズに転職や就職が出来るように、面接日の調整や条件の交渉など、コンサルタントが行ってくれて、求人先の現場の雰囲気も教えてくれるので安心して就職が出来ます。

また、通常の求人情報では見つけにくい、高い給料や昇給など好待遇の求人や経験を活かせるオープニング求人などの非公開求人も多く、希望にあった求人を見つけることが出来ます。

ハローワークにはない細かいサービスで理想の転職をサポートしてくれます。

新規オープンの介護施設や事務所の仕事、主任クラス以上などの少ない求人など他では見られない案件も多くあります。

そして、登録やサービスを利用するのは無料です。

手数料などの費用はかからないので、無理なく利用出来ます。




無資格未経験でもハードルが低い職場は?

無資格未経験でも受け入れてもらいやすい職場もある!

無資格未経験OK!初心者歓迎!受け入れてもらいやすい職場であれば、「デイサービス」や「グループホーム」がおすすめです。

※デイサービス(通所介護)は昼間に日帰りで受けられる介護サービスのことです。
※グループホームは5~9人のユニット単位で互いに役割を分担しながら、生活をします。比較的軽度の認知症高齢者が利用しています。

デイサービス(デイケア)では基本的に夜勤がありません。
認知症の利用者も受入れがあるので、そういったところでは大変ではありますが、寝たきりの人への対応がないため身体的介護が少なく体力的な負担は少ないです。
また、残業もほとんどないという職場が多いです。

施設というより「家」のような感覚なので利用者にとっても介護士にとっても自宅にいるような感覚で過ごせます。

ただ、レクリエーション等で人前で1人で明るく話さないといけない場面があります。
やっているうちに慣れてくる人がほとんどですが、あがり症の方には少し大変かもしれません。

グループホームは夜勤こそありますが、認知症も軽度ですしグループ単位で過ごすため利用者の把握がしやすく密接な介護ができます。

ただ、施設によっては仕事がきつい、介護職員もグループになって動くために人間関係に悩む人も多いようです。

事前に雰囲気を見学したり、介護専門求人サイトを利用して就業後もサポートしてもらうような体制をとっておくと安心でしょう。




介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。




東京都高齢者保健福祉計画

東京都介護保険事業支援計画・老人福祉計画

ポイント
~平成37年(2025年)を目途に、東京の地域包括ケアシステムの構築を目指す~
・平成37年を見据えた中長期的な視点で、介護サービス基盤等の充実を図るとともに、必要な介護人材を確保
・平成27年4月の介護保険制度改正により区市町村の役割が大きくなることなどを踏まえ、区市町村における地域包括ケアシステムの構築を支援
・地域包括ケアシステムを、地域の将来の姿を踏まえた「まちづくり」の中に位置付けていくという視点を明確化

重点分野
1.介護サービス基盤の整備
~住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために~
2.在宅療養の推進
~医療と介護の連携強化による 24 時間の安心を目指して~
3.認知症対策の総合的な推進
~認知症になっても安心して暮らせる東京を目指して~
4.介護人材対策の推進
~質の高い介護サービスを安定的に提供するために~
5.高齢者の住まいの確保
~多様なニーズに応じた居住の場を選択できるように~
6.介護予防の推進と支え合う地域づくり
~「支えられる存在」から「地域を自ら支える存在」へ~

東京都高齢者居住安定確保計画

目標
・高齢者の多様なニーズを踏まえ、賃貸住宅や老人ホームなどの住まいが適切に供給されるよう環境を整備するなど、高齢者が住み慣れた地域で暮らせる住まいを確保
・適切に供給された住まいにおいて、高齢者が安心して日常生活を営むために必要なサービスを提供する体制を整備

目標実現に向けた取組
1.高齢者向けの賃貸住宅・老人ホーム等の供給促進
2.高齢者向け住宅等の質の確保と高齢者の入居支援
3.地域で高齢者を支える仕組みの構築
4.高齢者の居住の安定確保に向けたその他の取組



国を挙げてバックアップ

高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。



就職・転職コラム

一般的に企業というものは社員に向かって、幾らくらいの得策な条件で雇用されるのかと、なるべく早いうちに企業の具体的な利益に影響を及ぼす力を、奮ってくれるのかだけを熱望しています。
どうしてもこんなことがやりたいという確かなものもないし、あれもこれもとパニックになって、結局は一体自分が何をしたいのか面接の際に、整理できないのだ。
現実は就活で、応募する方から応募するところに電話することは滅多になく、それよりも応募先からかかってくる電話をもらう場面の方が頻繁。
たいてい面接の時の進言として、「心から自分の言葉で話してごらんなさい。」といった言葉を見受けることがあります。けれども、自らの言葉で語ることの意図がわかりません。
外国籍企業の仕事の場所で望まれる仕事する上での礼儀や技術は、日本人のビジネスパーソンとして所望される動き方やビジネス経験の基準を目立って凌駕しています。

面接と言うのは、受けに来た人がどんなタイプの人なのかを確認することが目的なので、原稿を上手に暗記して話すことが要されているわけではなく、精一杯表現することが大切なのです。
もしも実務経験をしっかりと積んでいるのであれば、人材紹介などを行う会社でも十分利用価値はあるのです。その訳は新卒者ではなく、人材紹介会社などを介して人を探している働き口というのは、即戦力を採用したい。
自分自身が主張したい事について、適切に相手に言えなくて、幾たびも悔しい思いをしてきました。今からいわゆる自己分析に時間を割くのは、やはり既に遅いのでしょうか。
厳しい圧迫面接で、いじわるな設問をされたケースで、思わず立腹してしまう方がいます。その心は分かるのですが、率直な感情を表面に出さないようにするのは、社会人ならではの基本なのです。
将来のために自分をスキル向上させたいとか今以上に成長することができる勤務先で挑戦したい、という意欲を伺うことがしょっちゅうあります。キャリア・アップできていないと気づいたときに転職を思い浮かべる方が多数いるのです。

どんなに成長企業と言えども、100パーセント就職している間中問題ないということじゃないから、そこのところも十分に確認が重要である。
例外的なものとして大学を卒業時に、新卒からいきなり外資系企業への就職を目指すという方もいますが、当然のことながら最も普通なのは、国内企業で採用されてから、早くても30歳前後で外資系企業に転身というパターンが一般的なのだ。
全体的に会社は、途中採用の人間の育成向けの要する時間や費用は、なるべく抑制したいともくろんでいるので、自助努力で結果を示すことが求められているのでしょう。
気分良く業務をしてほしい、多少なりとも良い勤務条件を提供したい、将来性を開発してあげたい、ステップアップさせてあげたいと企業の方でも考慮しています。
転職というような、ひとつの最後の手段をこれまで何度も使ってきた履歴がある人は、つい転職したというカウントも増えるのです。そういう理由で、一つの会社の勤続が短いことが目に付いてしまうということに繋がります。