愛媛県グループホーム オープニング福祉施設介護士求人

  • ☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

    ☆社会福祉士取得者の求人多数。

    ☆介護事務の求人多数。

    ☆看護師取得者の求人多数。☆医療事務の求人多数。


    愛媛県グループホームの介護施設では介護職員が足りません!
    雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
    就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
    まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

    カイゴジョブ申込み

お探しの職種や雇用契約は?

管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣 の雇用をお探しならコチラがおすすめです!

カイゴジョブ申込み

愛媛県内の施設別の平均給

施設名 シフトの主流 給与相場
特養 4交替
例) 7:00~ 9:00~ 12:00~ 夜勤
介護支援専門員【月給】190,960円(正・契約)
生活相談員【月給】205,038円(正・契約)

介護スタッフ【月給】185,200円(正・契約)
      【時給】932円(パート)
      【時給】1,153円(派遣)

機能訓練指導員【月給】214,088円(正・契約)
老健 3交替
例) 7:00~ 11:00~ 夜勤
介護支援専門員【月給】203,150円(正・契約)
       【時給】1,100円(派遣)

介護スタッフ【月給】186,361円(正・契約)
      【時給】923円(パート)
      【時給】1,232円(派遣)

機能訓練指導員【月給】214,088円(正・契約)
グループホーム・GH 3交替
例) 7:00~ 11:00~ 夜勤
施設長【月給】283,739円(正・契約)
管理者【月給】331,467円(正・契約)

介護支援専門員【月給】232,821円(正・契約)

介護スタッフ【月給】199,893円(正・契約)
      【時給】906円(パート)
      【時給】1,165円(派遣)
有料老人ホーム 3交替
例) 7:00~ 8:00~ 夜勤
施設長【月給】269,004円(正・契約)
管理者【月給】277,000円(正・契約)

介護支援専門員【月給】224,505円(正・契約)
       【時給】1,260円(パート)

生活相談員【月給】225,250円(正・契約)

介護スタッフ【月給】209,974円(正・契約)
      【時給】963円(パート)
      【時給】1,234円(派遣)

機能訓練指導員【月給】241,134円(正・契約)
サービス付き住宅 4交替
例) 7:00~ 9:00~ 11:00~ 夜勤
管理者【月給】245,250円(正・契約)
介護支援専門員【月給】210,150円(正・契約)

サービス提供責任者【月給】212,167円(正・契約)

介護スタッフ【月給】189,005円(正・契約)
      【時給】993円(パート)
      【時給】1,300円(派遣)
訪問・ホームヘルプ - 管理者【月給】234,405円(正・契約)
介護支援専門員【月給】217,250円(正・契約)
生活相談員【月給】245,000円(正・契約)

サービス提供責任者【月給】123,561円(正・契約)
         【時給】1,208円(パート)

介護スタッフ【月給】191,932円(正・契約)
      【時給】1,296円(パート)
ショート・SS 3交替
例) 7:00~ 11:00~ 夜勤
管理者【月給】268,375円(正・契約))
生活相談員【月給】215,500円(正・契約)

介護スタッフ【月給】170,236円(正・契約)
      【時給】1,413円(パート)
      【時給】1,187 円(派遣)
デイ・通所 1シフトが主流、お泊りデイを行うところでは2交替が多い。 施設長【月給】252,130円(正・契約)
管理者【月給】256,800円(正・契約)
介護支援専門員【月給】234,500円(正・契約)

生活相談員【月給】202,721円(正・契約)
     【時給】1,027円

介護スタッフ【月給】183,833円(正・契約)
      【時給】922円(パート)
      【時給】1,153円(派遣)

機能訓練指導員【月給】241,781円(正・契約)
       【時給】1,484円(パート)
       【時給】880円(派遣)
地域密着型サービス・小規模 3交替
例) 8:00~ 12:00~ 夜勤
管理者【月給】231,333円(正・契約)

介護支援専門員【月給】257,136円(正・契約)
       【時給】1,375円(パート)

介護スタッフ【月給】187,908円(正・契約)
      【時給】945円(パート)
      【時給】1,050円(派遣)

あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●介護職員として働きたい。

●居宅介護支援で仕事がしたい。

●機能訓練指導員のライセンスを活かしたい。

●家事代行スタッフとして働きたい。

●管理栄養士の仕事を施設でしたい。

●グループホームの求人を探している。

●小規模多機能型施設で働きたい。

●社会保険のある介護施設で仕事がしたい。

●パートで働ける介護施設を探している。

●年収350万円~の介護施設を探している。

という希望なら

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆介護事務の求人多数。

☆看護師取得者の求人多数。☆医療事務の求人多数。

コチラがおすすめです!

カイゴジョブ申込み

介護職員とケアマネージャーの確保

少子高齢化社会が問題とされている現在ですが、それに伴い介護に対する問題も増えてきています。

夫婦共働きの家庭が増える中で、家にご老人を1人で置いておくというのは不安が残りますよね。

1人暮らしの老人も増え、孤独死などの問題も増えてきています。

そうした問題が増えてくる中、各都道府県では介護施設を多く建設しています。

介護職員の人材不足も叫ばれていますが、ケアマネージャーの求人も施設の増加に伴い増えていっています。

施設が増えるのはいいことなのですが、介護職員はもちろん、その利用の架け橋となるケアマネージャーも必要とされています。

介護福祉施設では介護職員の求人と並行し、ケアマネージャー求人にも力を入れているわけです。

これから高齢化がますます進む中、介護福祉施設の増設だけでなく、介護職員、ケアマネージャーの確保とまだまだ課題が残されているようです。

逆をいえば、その方面の仕事を目指している方には、今後活躍の場が増えるということになります。

この機会に介護員、ケアマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。

精神保健福祉相談員の勤務先

精神保健福祉相談員 とは

【仕事の内容】
精神障がい者の社会復帰や社会参加の支援を行うお仕事

①就職活動の助言、職場生活のアドバイスなど各種助言や情報提供を行う
②各種支援事業に関する手続き、地域福祉の計画立案、地域にへの社会復帰プログラムや支援ネットワークの構築
③心神喪失などにより犯罪行為を行ってしまった精神疾患者の社会復帰プログラム作成など
※精神保健福祉相談員は保健所などで働く公務員であるため、公務員試験への合格も必要となるが、求人としては、医療機関、介護・福祉施設からのニーズも増えています。

【勤務場所】
医療機関、自立訓練事業所、ケアセンター、保健所、精神保健福祉センター など

【必要な資格】
精神保健福祉士(国家資格)

パート求人に強い、おすすめサポート

「初めてで、正直ちょっと不安・・・」という方へ


介護職専門の求人サイトでは、全国の病院や介護施設の採用担当者と継続的かつ、密に情報交換をしています。 また、ただ情報を蓄えるだけでなく、定期的に現場に足を運び、そこで実際に働いている介護職員さんから生の現場の情報を集めています。

そのため、インターネットや雑誌に掲載されている求人情報からは分からない、中身の濃い情報を事前に確認したうえで、応募するかどうかの判断ができます。
だからこそ、後悔のない、納得の転職が実現できるのです!

ただ求人を紹介するだけでなく、転職のプロとして、面接対策から給与・待遇面での条件交渉、円満退社の為のフォロー、転職後のアフターサポートまで、あなたの大切な転職を二人三脚でバックアップしてくれます。




今すぐに転職をしたい訳ではない・・という方も登録だけでも大丈夫です。まずは情報収集だけでもどうぞ。


紹介した求人に実際に応募するか否かは求職者さまのご判断となります。 そのため、必ず応募しなければいけないということはありませんのでご安心下さい。


「面接が苦手なので面接対策などをしてほしい・・」という方へ
面接が決まりましたら、「転職成功の秘訣」レポートを皆さんに贈呈しております。また、専任コンサルタントとの面談では、面接対策についてのご相談も承っています。遠方で、面談が難しい求職者さまには、お電話によるサポートも行っておりますので、面接対策はメドフィットへお任せ下さい。
転職サポートのお申込みから、転職成功まで一切料金はかかりません。


ハローワークの求人4万件 と 介護ジョブ限定求人2万件をまとめて探せます!
雇用形態(正社員・パート) × 資格 × 住んでいる地域 など、細かく検索できて、希望条件に合う求人情報が検索しやすい!

求人情報は、ハローワークなどの紙媒体に比べ、充実した内容を掲載しています。
転職先を決めるにあたって、給与や勤務条件などの表面的な要素のみならず、 その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を元に検討出来ます。


介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。



お探しの職種や雇用契約は?

管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣 の雇用をお探しならコチラがおすすめです!

カイゴジョブ申込み

全国介護施設全体:平均給与

施設長 【月給】268,291円(正・契約)
管理者 【月給】262,173円(正・契約)
介護支援専門員 【月給】222,865円(正・契約)
【時給】1,297円(パート)
【時給】1,100円(派遣)
生活相談員 【月給】218,702円(正・契約)
【時給】1,027円(パート)
サービス提供責任者 【月給】167,864円(正・契約)
【時給】1,208円(パート)
介護スタッフ 【月給】191,907円(正・契約)
【時給】1,045円(パート)
【時給】1,175円(派遣)
機能訓練指導員 【月給】229,634円(正・契約)
【時給】1,492円(パート)
【時給】880円(派遣)

愛媛県グループホームの求人について

専門のアドバイザーがいる安心
  • 45万人が登録
  • 45万人が会員として登録している介護求人サイトです。
    あなたのイキイキに貢献するという目標を掲げていて、その目標を達成すべく愛媛県グループホームはもちろん、全国各地の大手から中小の介護事業所の求人を提供しています。
  • 案件数は?
  • ハローワーク求人4万件・非公開求人3万件以上。
    案件の数も非常に多く、有料老人ホーム、グループホーム、デイサービスなどの各種サービス形態や、ケアマネ、ヘルパーなどの職種、また正社員やパート希望といった雇用形態を軸に、 あなたのご希望にあった職場の求人情報を探すことができます。
  • 勤務条件は?
  • 様々な要素を元に、ご検討できます。
    求人情報も、ハローワークなどの紙媒体に比べ、充実した内容を掲載しており、転職先を決めるにあたって、給与や勤務条件などの表面的な要素のみならず、 その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を元に、ご検討が可能となっています。

カイゴジョブ申込み

こんな時は転職サポートがオススメ

  • 先輩の給料を知って将来が不安になった
  • 入社説明の話と実態が大きく食い違っていた
  • 他の施設に比べても給料が安くて我慢できなくなった
  • 意地悪な先輩にいやがらせされていた

転職の理由が「契約社員として働きたい」「オープニングスタッフとして立ち上げから参加したい」「自宅近くの施設で働きたい」「昇給のある会社に転職したい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「オープニング福祉施設介護士求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。

介護士さんを募集してる介護施設

介護の資格をお持ちでなくても大丈夫!
就職してからキャリアアップする事も出来ますし、まず、あなたが無理なく勤務出来るのか?
実際に介護の仕事に就いてから考えても遅くはありません。
あなたの希望通りの就職をお手伝い!
仕事も大切!でも自分の生活が充実してないと・・・
愛媛県グループホームの人気の介護施設の募集は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのが『オープニング福祉施設介護士求人情報』で非公開の介護施設の求人を探す方法です!

カイゴジョブ申込み

介護施設名称と特徴

施設名 正式名称 どんな場所?
特養 介護老人福祉施設
特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。
老健 介護老人保健施設 入院の必要がなくなった、 マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、 短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提
グループホーム・GH 認知症対応型共同生活介護事業所 要介護度1以上で、認知症状があるものの、 自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。 スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。
ケアハウス・CH 介護利用型軽費老人ホーム 自立はしているものの、自炊不可能なほど、身体機能低下がある60歳以上の高齢者で、 独居に不安があるが、家族の援助が困難な方が生活する場所。 他の施設に比べ安価で入居できるため所得制限などがある。
※共同生活の場であるため、認知症などの症状がみられると退去となる場合も。
ケアホーム 障がい者共同生活介護事業所 障がい程度区分2以上の精神障がい者、知的障がい者が共同生活を行う場所。 入居者は老人とは限らず施設により異なる。
有料老人ホーム 介護付き有料老人ホーム 主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。 入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。
サービス付き住宅 サービス付き高齢者向け住宅
(2011年10月20日施行)
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。 一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。 極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、 浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。
※介護提供は訪問介護として行う。
高専賃・高優賃・高円賃 高齢者賃貸住宅
(2011年に法改正により
この制度は廃止)
一般賃貸住宅の内、60歳以上の自立高齢者の入居を主とした住宅。
訪問・ホームヘルプ 訪問介護サービス 自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、 その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。
ショート・SS ショートステイ
短期入所生活介護
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。
デイ・通所 デイサービス
通所介護事業所
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。
地域密着型サービス
小規模
小規模多機能型居宅介護 自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 在宅・通所・宿泊を一体化して提供する場所。
訪問入浴・巡回入浴 訪問サービス ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、 専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。 高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。
※サービス提供は、原則3名1チーム(看護師、ヘルパー、オペレーター)で行う。

介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。

愛媛県の介護人材の確保・資質の向上

平成 26 年版「高齢社会白書」によると、高齢者の要介護等認定者数は急速に増加しており、とりわけ、75歳以上の後期高齢者の方は要介護認定を受ける割合が高くなっています。

さらに、本県においては高齢化の進行が速く、団塊の世代が後期高齢者となる平成 37(2025)年に向け、地域包括ケアシステムの構築に不可欠な社会資源である質の高い人材を、安定的に確保・定着させていくことは、大きな課題となっています。

一方で、介護従事者は離職率が高く、平成 22 年度以降、有効求人倍率が一貫して上昇するなど、人手不足感が広がっており、足下の景気好転による他産業への人材流出が懸念されています。

このため、県では、必要な介護人材の量的及び質的確保並びに人材確保に向けての好循環を生み出すための環境整備からなる三位一体の取組みを進めていくことが重要となります。

そこで、まず、将来に向けた介護従事者の需給状況を把握したうえで、介護事業者、医療・教育・労働分野等の関係団体や関係機関などと連携を図りつつ、多様な人材の参入促進、介護従事者の資質の向上及び労働環境の改善等に一体的に取り組むことが必要です。

介護人材確保の取組み

愛媛県では、平成37(2025)年を見据え、広域的な立場から、関係団体や事業者等と連携・協働の推進を図り、「多様な人材の参入促進」「資質の向上」「労働環境・処遇の改善」を通じて、「量」と「質」の好循環を進める一体的な取組みを進めます。

基本整備

連携強化事業

介護従事者の確保・定着へ向けた総合的な取組みを実施するため、関係団体(経営者団体、福祉人材センター、介護労働安定センター、職能団体、養成機関団体、その他の教育機関)、労働関係機関、市町、県などで構成される協議会を設置し、連携・協働の推進を図ります。

人材育成等に取り組む事業所の認証評価制度

介護事業所の人材育成に対する意識改革を促すため、働きがいと働きやすさに配慮した人材育成や職場への定着支援の取組状況について、事業者の「見える化」を図り、求職者に紹介するとともに、県が、積極的に取り組む優良事業所を認証する認証評価制度を構築します。

多様な職種の人材の確保等

社会福祉士の確保と養成

社会福祉士は、福祉施設の相談援助業務や介護にあたる専門職の国家資格として、福祉系4年制大学卒業者(指定科目履修)、社会福祉士指定養成施設卒業者等で、公益財団法人社会福祉振興試験センターが国の委託を受けて実施する国家試験に合格し、登録する必要があります。
県内には、社会福祉士の養成施設が1施設(定員 100 人)あり、平成26年12月末現在の、県内の社会福祉士登録者は 2,013 人となっています。
近年の介護・福祉ニーズの多様化・高度化に対応し、人材の確保・資質の向上を図ることが求められていることから、介護福祉士等修学資金貸付制度の実施や潜在的有資格者等の就業支援など、社会福祉士の人材確保対策を進めていきます。

看護職員の確保と資質向上

看護職員の確保については、「看護師等の人材確保の促進に関する法律」及び同法に基づく「看護師等の確保を推進するための措置に関する基本的な指針」を基盤として、離職の防止、養成力の確保、再就業の支援等の総合的な看護職員確保対策を実施しています。
県内で主として医療活動に従事する看護職員数(平成 24 年衛生行政報告例)は、平成24年末現在、看護師 14,616 人、准看護師 6,090 人であり、人口 10 万人当たりでは、看護師は 1032.9人、准看護師は 430.4 人で、全国平均(看護師は 796.6 人、准看護師は 280.6 人)を大幅に上回っていますが、各医療機関における望ましい勤務体制を基準にすると、なお不足状態にあります。
就業保健師数(平成 24 年衛生行政報告例)については、平成 24 年末現在 662 人で、人口10万人当たり 46.8 人であり、全国平均 37.1 人を 9.7 人上回っていますが、平成 26 年6月に成立した医療介護総合確保推進法などにより、今後、医療提供体制は大きな変動期を迎えることとなります。
それに伴い、特に在宅や地域において、高齢者ケアに携わる看護職員のニーズはますます高まり、需要の伸びが予測されます。
また、高齢化の進行や長期慢性疾患患者の増加に対応するために、在宅ケアや終末期医療、生活習慣病対策などの需要に対応できる看護職員の養成や、研修体制の充実等による資質の向上が課題となっています。
このため、看護職員に期待される役割を踏まえ、関係機関と連携して、人員の確保と資質の向上に努めます。

●県立医療技術大学、愛媛大学を始め看護師等学校養成所において、質の高い看護職員の養成を推進します。
●実習指導者講習会や教育担当者等への研修を充実させ、教育体制の構築に努めます。
●院内保育事業等により、有子看護師の離職防止及び再就業の促進に努めます。
●潜在看護職員の再就業の促進を図るナースバンク事業や、訪問看護師を支援する訪問看護支援事業等を推進します。
●各地域における看護力の強化と、より高度な知識と技術を持った人材を養成し、質の高い看護が提供できる看護師の育成に努めます。

リハビリテーション専門職の育成・確保

理学療法士及び作業療法士の就業者状況をみると、平成 25 年 10 月1日現在、県内病院勤務の理学療法士は常勤換算で 916.9 人、100 床当たり 4.0 人(全国平均 3.9 人)、作業療法士は 564.5人、100 床当たり 2.5 人(全国平均 2.4 人)で、全国平均を上回っています(平成 25 年病院報告)。
高齢化の進展や介護保険制度の定着に伴うサービス利用者の増加等により、今後しばらく需要は伸びていくものと思われます。

●リハビリテーションの推進等に伴う需要増に対応するため、県内定着率の向上等により必要数の確保に努めます。

介護職員の資質・技能向上

多様な働き方や機能に応じたキャリアアップの実現

多様な人材のキャリアパスの整備を促進するため、初任者向け研修や喀痰・吸引研修等の医療的ケアに係る研修のほか、キャリアアップが図れる環境の実現を支援します。

介護員養成研修
現在の介護職員初任者研修は、介護福祉士へと至るキャリアパスの入口に当たる研修として、平成25年4月1日に、従前の訪問介護員養成研修2級課程から移行されました。

・介護職員の専門性を高めることにより、介護サービスの質の向上を図ります。
・介護職員初任者研修の普及、定着に向けて積極的な取組みを推進します。
・認知症高齢者へのケアや医療・看護との連携等に関する内容の充実を図ります。
・今後、介護員養成研修修了者がその専門性を生かし、介護サービスを提供する場において核となって働けるよう支援します。

喀痰吸引等研修
社会福祉士及び介護福祉士法の一部改正により、一定の条件の下で介護職員等による喀痰吸引等の実施が法的に認められたことを受けて、県では、介護職員等を対象とした、喀痰吸引等に関する研修を実施しており、将来にわたってより安全なサービス提供を行えるよう、技能等の向上に向けた取組みを推進します。

小規模事業者の共同による人材育成支援

事業所の規模が小さくなるほど離職率が高くなる傾向にあるため、小規模事業所の魅力を生かしつつ、他の事業者と共同で実施する研修体制の構築や人事交流の促進など、キャリア向上支援のための環境整備を支援します。

介護支援専門員のキャリアアップ研修の支援

介護保険制度の要として重要な役割を担う介護支援専門員(ケアマネジャー)については、その養成を行うとともに、各種の研修を通じた資質の向上に努めています。
本県では、平成25年度末までに、約9,000人の介護支援専門員が誕生しています。
介護支援専門員は介護保険の理念を実現するに当たり中心となる資格であり、利用者の立場に立って、その生活全般に寄り添って支援を行う役割を果たしてきており、制度創設から10年以上が経過した現在、住民の間にも定着し、要介護者等にとって欠かせない存在となっています。
また、「地域包括ケアシステム」の実現に向けて、医療・介護・予防・住まい・生活支援サービスが、有機的・包括的に機能していくための橋渡しをするケアマネジメントへの期待は大きいものがあります。

介護支援専門員に対する支援体制

介護支援専門員の資質の向上を図ることは、高齢者に対して適切なサービスを提供するうえで非常に重要であり、質の高い介護支援専門員の養成及び現に介護支援専門員として活動している者等に対する十分な研修の機会が確保されるよう、県は、研修の実施体制の充実を図る等、適切な支援体制の構築に努めます。
また、県が実施する研修以外に、民間事業者等が、介護支援専門員の資質の向上を目的として、独自に実施している研修等を支援することも必要です。

研修実施体制の充実

地域包括ケアシステムの構築においては、多職種協働による介護サービスの提供、医療との連携推進、地域の支え合いやインフォーマルサービスの充実などを包括的に進めていくことが重要です。
その際、介護支援専門員による質の高いケアマネジメントが利用者に提供されることが欠かせません。
ケアマネジメントの質の向上のため、介護支援専門員の研修制度が見直され、平成28年度から新カリキュラムによる研修が実施されます。
養成段階で行われる実務研修や、現任者を対象とした専門研修等の開催に当たっては、研修事業者、講師等との連携を図りながら、体系的・効果的に実施します。
また、各地域における地域包括ケアシステムの実現に向け、その担い手となる人材を養成するため、主任介護支援専門員を対象としたスキルアップ研修を実施します。

施設等ケアプランの質の向上に向けた支援の充実

介護保険施設等におけるサービスの質の向上には、入所者一人ひとりの課題を分析し、その結果を踏まえた施設サービス計画等を作成して適切なサービスを提供することが重要です。
特に食や排泄のケア、口腔ケア、認知症ケアなどについて、各施設で主体的に取り組んでいけるよう支援します。

保険者機能の強化等による介護支援専門員の支援

介護支援専門員の資質の向上を図るとともに、ケアマネジメントの質の向上を図るため、保険者における「ケアプラン点検支援マニュアル」を活用した、ケアマネジメント等の適正化に向けた積極的な取組みを支援します。
また、保険者である市町等が実施する地域ケア会議において、多職種が協働して高齢者に対する支援内容を検討することによって、介護支援専門員が自立支援に資するケアマネジメントの実践力を高められるよう体制整備に努めます。

医療と介護の連携

医療との連携に当たっては、医療に関する知識が求められますが、いわゆる福祉関係職種の基礎資格を持つ介護支援専門員が増えていることも、医療との連携が十分でない要因のひとつと考えられます。
そこで、医療との連携に当たって必要となる知識については、介護支援専門員に係る種々の研修において医療に関する内容を充実させるよう体制整備に努めます。
また、介護支援専門員が医療関係職種と連携しやすい環境整備が重要であるため、医療関係職種と介護支援専門員等とのワークショップや事例検討の勉強会を通じ、各職種間の共通理解を進めていくなどの取組みを進めます。

簡単登録で求人確認

カイゴジョブ申込み

オープニング福祉施設介護士求人:地域検索

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ